韓国映画「怪しい彼女」 おばあさんが20歳に若返る・レビュー

映画「怪しい彼女」ストーリーやキャスト

70歳のおばあさんオ・マルスンは若くして夫を亡くし、女手一つで息子を育て、孫たちと一緒に暮らしていた。
孫のハン・ジハはバンド活動をしていた。
ある日73歳のおばあさんのオ・マルスンが
「青春写真館」で写真を撮ったところなぜか、姿が20歳のころに変身してしまっていた。

公式サイトより
20歳にもどったオ・マルスンはのオ・ドゥリと名前も変えて若さを楽しみはじめた。
オ・ドゥリは、天才的に歌が上手く、歌っているところをプロデューサーに見初められてしまう。
また、孫のバンドにも引き抜かれバンド公演は大成功、テレビにも出演することになり
華やかな青春を謳歌することに。
20歳のオ・ドゥリは子役から活躍していたシム・ウンギョンが演じています。
シム・ウンギョンは出演作に「春のワルツ」や「ファン・ジニ」などがあります。
ハン・ジハはB1A4のジニョンが演じています。

「怪しい彼女」レビュー・感想

貧しく苦しい時代を生き抜いてきたおばあさん
の夫を若くしてなくし、死にかけた息子を必死に育てあげた苦労の連続の人生が
いきなり現代の20歳の女子になって、ただただ若さを謳歌できる人生になりかわったという
いろいろなギャップを浮き彫りにしているのでしょう。
まったく違う時代の人間の人生観の違い、社会背景の違い、等々

20歳の はとてもまっすぐで明るく元気で歌が上手いという設定だが、実際の現代の若者は時代背景がとても自由になったのとはうらはらに、どこかジメジメして鬱々と生きているといった感じがし、
昔の自由などなかった青春を過ごした昔の人が現代に若者だったら、素直に自由を謳歌しはつらつとした若さで生きるんだろうなという、皮肉を表現しているのかもしれないと感じました。
あと見どころの一つは、中身がけわしい人生でこなれてきたおばあさんのまま20歳の若者の身体になっているゆえのものすごいギャップのある言動、しぐさを見事にシム・ウンギョンが演じているところですね。
ところどころ笑わせてくれます。

青春のまぶしさ、音楽のエネルギーなどが感じられ、なにしろ華やかで元気の出る映画です。

「怪しい彼女」が見れる配信サービス

怪しい彼女は、こちらの配信サービスで見ることができます。
U-NEXT、dTV
Amazonプライム
Hulu

「怪しい彼女」日本版リメイク

怪しい彼女は、韓国で大ヒットしましたが、中国でもヒットし、さらに日本でもリメイクされています。
日本版「怪しい彼女」は多部未華子主演、変身前のおばあさんは倍賞美津子が演じています。
公式サイトより
この日本版の多部未華子の演技もすごく評判高いようです。
あとこの映画はベトナムでもリメイクされたようですね。
「怪しい彼女」日本版を見放題で見れる配信サービスは
Huluです。

コメント