退職後の収入ってどんな感じ?

 

あなたがサラリーマンだとして

 

中高年になってからの収入状況どうなるでしょうか?

 

たいてい企業では定年があり、退職することになりますが、

 

最近では退職前の大体50代半ばで役職定年があったりして

 

収入はガクンと減ることが多いです。

そして定年退職。

企業では、60歳から65歳くらいに定年を迎えます。

原則65歳までの雇用確保が義務付けられ、多くの企業が再雇用制度を
導入してますが、再雇用では収入は大きく減るのが普通です。

厚生労働省の調査によると、5割の企業で再雇用後の基本給が定年時の「50%以上80%未満」の

水準に、3割の企業で「50%未満」に下がるとのこと。

65歳くらいでは最近では見た目は元気でまだバリバリという印象の年代です。

しかし一般的に職を失うか、シルバー人材的な仕事くらいで収入は激減ということです。

この年代ではまだ子供も学生だったり、住宅ローンをまだ半分も残していたりなんてことも

ザラですから、貧困に追い込まれる家庭も少なくないことは容易に想像できます。

そして寿命も延びた高齢化社会の現代ではその後も

そして再雇用で何年か働いたとしても

いずれ再雇用が終わり年金生活に入るときにまた収入が減ります。

今の年金の水準は高くありません。

10数万の年金がありとして、生きていくのがやっとくらいでしょう。

そこから平均寿命まで生きるとしたらまだ10数年あります。

 

つまり相当な蓄えがないと、かなり貧困な老後生活が待っていそうです。

 

副収入のすすめ

 

ということで

サラリーマンをまっとうしても、今ではたいして豊かな生活は

送れそうもないですね。

 

なので、できるだけ早い時期に給料とは別の収入を作ることを

考えたほうがよさそうですよね。

 

副収入を得る手段として僕がおススメするのは

 

ネットビジネスです。

 

ネットビジネスというのは、インターネットを利用したビジネスですが

 

その種類はいろいろあります。

 

ざっくりと分類しても

 

アフィリエイト

転売ビジネス

ネットショップ

 

ありますが、この中でネットショップは

仕入れ梱包、発送の作業など片手間ではやりずらいため副業向きでは

 

ないかもしれません。

 

副業的におススメなのは

 

アフィリエイトと

転売ビジネスです。

 

それらはそんなに難しいものではありませんが、

簡単に身につくものでもありません。

 

それなりに様々なノウハウがあり、そのノウハウを学習して

マスターしなければ、稼げるようなレベルにはなりません。

 

そのノウハウは内容についても今後この場で、触れていきたいと思います。