石田スイの人気コミック「東京喰種トーキョーグール」の実写映画

 

人間を捕食する異形・喰種が潜む東京を舞台に、喰種の臓器を移植されたばかりに半喰種と化した主人公カネキ(窪田正孝)が、葛藤しながら喰種を駆逐する政府機関CCGとの戦いに身を通して行く姿を描いています。

 

 

 

人間の臓物を貪り食うホラー映画・・・

とは違うのです!

確かに、そういうグロテスクなシーンはあるのですが・・
半喰種となった主人公と喰種たちの葛藤を描いた作品です。

 

これって、染谷将太主演の「寄生獣」にけっこう似てますね。

喰種たちも大変なんですよ・・・
逆からの目線と言うのもなかなか面白かったと思います。実際にこういう生き物いたら・・殺せ!と思ってしまうだろうけど・・
喰種たちも喰種たちで、人間社会に溶け込んで生きるために色々大変で・・やっぱ人間社会で生きている分、人間の友達とかもいるんですよね~。でも、その友達に喰種ってバレたら終わりなわけで・・
でも、人間を食べなきゃ生きていけないわけで・・
生きていたいから・・ダメと分かっていても食べるしかないんすよね~。

人間を食っているシーンはマジで怖いけど・・悪意があって食うわけじゃない・・生きるためなんですよね。
人間側から観たら完全な悪なんだろうけど、喰種には喰種の事情があるわけで・・
人間を捕食する喰種グール側の逆目線の映画なんですけど、人間以上に人間っぽさを感じました。
原作読まなくても楽しめる?

この映画は原作を読んでなくても楽しめるのでしょうか?

普通なかなかコミックのキャラクターを超えるのは難しいと思うのですが

・・
しかしこの映画ではとてもクオリティの高い仕上がりになっていると思います。

 

それはひとつはキャストの演技のレベルの高さからきています。

 

まずすごいのは神代利世(リゼ)を演じた蒼井優です!

いや・・もうマジで怖かったですね!

そして蒼井優すごい演技うます!

;

グールに襲われたらこうなるんだろうなあと恐怖を感じました。
弄びながら食べようとする姿はまさに・・神代利世(リゼ)!

主人公金木研(カネキ)を演じた窪田正孝もすごい!

物凄い研究したんでしょうね~

まさにカネキでした!

ビビる表情から、緊張している表情、葛藤している表情などなど!
この映画で窪田正孝さんの演技のうまさには定評がありますが、

このカネキはまさにはまり役

 

そしてなんと話題の清水富美加がでています!

もう映画とかでは見れないかもしれませんしね。レアです。
幸福の科学出版による映画『さらば青春、されど青春。』には出るみたいですけどね

 

しかし、まあ・・惜しい!主演並みに活躍する霧嶋董香(トーカ)役ですからね!

「人肉を食べる人種の役柄」が嫌だったと後にコメントしたことが大きな話題になりましたね

しかし清水富美加もとても女優としてレベル高いと思います。

 

これでもう見れないかもしれないと思うと実に惜しい!

&nbsp