1: 稼げる名無しさん 2018/05/22(火) 18:00:49.85
三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)と、米Akamai Technologies(以下、Akamai)は5月21日、決済処理速度が2秒以下、毎秒100万件超の取引を可能とする「世界最速」の新型ブロックチェーンを開発したと発表した。2019年度以降のサービス提供を目指すとしている。

 この新型ブロックチェーンでは、Akamaiが世界130か国・3,800カ所以上の拠点に配備するサーバー群に合意形成を担う全ノードを配置することで、ノード間通信を高速化したとのこと。また、ノード内のブロック生成と検証処理を高速化、大容量化するための独自プログラムも開発したとのこと。

 これまでのブロックチェーン高速化の取り組みは、システムが継続して稼働できる能力(高可用性)を損ねたり、詳細な取引記録を残さないようなかたちで追求されてきた。今回、MUFGとAkamaiが共同開発した新型ブロックチェーンでは、ブロックチェーン本来のメリットを保持した上で、取引の高速化と大容量化を実現するものであるとのこと。
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1123187.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
なんだか凄そうではあるんだけれど、これどんなメリットがあるのかお?

yaruo_asehanashi

 詳細な取引記録を保持したままでお金のやり取りができるようにってところなのかなー。

 普通のシステムに比べて、どれくらいコストが削減できるのかは謎だけれど。

続きを読む

Source: 副業まとめ