1: 稼げる名無しさん 2018/03/30(金) 16:53:59.49
https://news.careerconnection.jp/?p=52321

月末金曜日に早く仕事を切り上げる「プレミアムフライデー」。3月の実施日は、
年度末最終営業日になるところも多い30日にあたる。

毎月のプレミアムフライデー当日、ツイッターに「帰れない」
「はあ!?めちゃくちゃ忙しいっつの!」などの恨みつらみが溢れるのは、
もはや恒例行事と化している。今月は特に年度末決算があるため、
バックオフィスの職種の人たちから「帰れるわけがない」といった嘆きが出ている。

都内で人事として働く20代女性は「うちの会社には制度が導入されていないので、
今日も帰れませんね。定時には帰りたいですけれど」と遠い目をする。
世間ではプレミアムフライデー導入から1年以上が経ち、記念イベントなども
行われていたが、そうした賑わいとは無縁に1年が過ぎたようだ。

「月末はただでさえ、給与計算に関わる勤怠管理や請求書の回収で忙しいんです。
弊社では給与計算を外部の社労士に委託していることもあって、月が変わって
2営業日以内に勤怠データを送る必要があります。3営業日以内には請求書の
処理を終わらせ、次の経理や財務に引き継がなければいけません。私が遅れると、
後ろの工程が全部遅れていくので、締切は破れないんです」

もし導入されたら何をしたいか聞くと「早く飲みに行きたい」「岩盤浴に行きたい」
「美容院に行きたい。土日は混むから」など、次々に挙がった。今の忙しさのまま
15時退勤が導入されても帰れないのではとも思ったが、

「次の土曜日に出社して仕事を進めるか、他の日が忙しくなるけれど、
早く帰れるようにスケジュールを組むこと自体はできそうです」

と答えていた。プレミアムフライデーのために休日出勤するのは本末転倒のような
気もするが、「土曜日のほうが、人もいないし電話もかかってこないので集中して
仕事ができる」のだそうだ。

プレミアムフライデーは、導入企業とそうでない企業での温度差・意識差が大きいようだ。
実際、経理担当の男性からは「えっ今日プレミアムフライデーだったの!?」という声も。
単語としての認知度は高くなっていても、文化として根付くまでは相当困難な道のりになりそうだ。

来月4月のプレミアムフライデーは、3連休前、ゴールデンウィーク直前に実施される予定だ。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

いやもうこれ無理だと思うお?
レストランサイトや旅行サイトにすら、
プレミアムフライデープランとかがほとんど無くなってるし・・・。
kekkyoku

 ツイッターの反応とかを見ていると、逆にヘイトが高まりそうな感じすらあるよな。。。

続きを読む

Source: 副業まとめ