The Witch 魔女 韓国映画 怒涛のサイキックアクション

The Witch 魔女 韓国映画

公開:2017年

キム・ダミ主演の韓国映画 The Witch 魔女

監督:パク・フンジョン

出演:キム・ダミ、チョ・ミンス、パク・ヒスン、チェ・ウシク

The Witch 魔女 あらすじ

少女がある危険な組織から逃げ出すところから始まる。

瀕死の状態で倒れているところを酪農家の夫婦に助けられる。

やがて少女・ジャユン(キム・ダミ)は成長して、酪農家の娘として育てられ、ひっそりと田舎で暮らしていた。

しかし芸能オーディションに応募してテレビに出るようになってからジャユンの周辺に怪しい男たちが現れる
ようになる。

このものたちは冒頭の危険な組織の者なのか?

ジャユンは、その組織になぜ追われるのか?
命を狙われているのか?それとも?

ここからWitch魔女 感想・ネタバレ注意

↓  ↓  ↓

ある夜、ジャユンは家族と友人とともに過ごしていた時に、武装グループに侵入され襲撃される。

そこでジャユンは突然ものすごいスピードの動きで一瞬で反撃し、次々と射殺してしまうのだ。

それまでの平凡な女子高生ストーリーから一転して、

物語はどんどんスリリングになっていき、スピーディな展開で、エンディングまで引きこまれていく。

このへんから組織が、超優秀な殺人マシーン的人間を養成していて、そこでエリート教育を受けていた一人が
ジャユンだとわかるだろう。

この組織は戦闘能力としてサイキック能力をも養成していたのだった。

何しろ戦闘アクションシーンが、キレッキレっで迫力がすごい。

CGを交えているとはいえ、キム・ダミの身体能力はこんなにすごいのか・・
という気にさせるアクションの連続です。

このへんがひとつの見どころでしょう。

特にラストのほうのアクションシーンの撮り方はさすが韓国映画といった感じで

すごいスピード感、破壊威力感、そして非常冷徹さ満載で圧倒的です。

このアクションシーンだけでも今までのアメリカ映画のそれをもしのいでいるんでは
ないかと思わせます。

組織に純粋培養された戦闘員という設定はバイオハザードシリーズを彷彿とさせます。

この中のキム・ダミは「梨泰院クラス」とはまったく違った魅力の一面を見せています。

組織に見つけられてやられてしまうという受け身の存在としか思えなかったいくジャユンだが

実は自ら大きな目論みのもとに動いていたのだった・・・・

戦闘マシーンとしての身体能力と頭脳レベルが自分自身トップクラスだとわかっていて

すべてを戦略的に動いているジャユンの自信と冷徹さが際立っています。

その特殊なキャラクターを見事にはまり役にして演じているこの女優の力量のすごさを
感じてしまいます。

そして謎を含んで終わるラストシーン。

ラストシーンではドクター・パクにそっくりな女性のもとを訪ねるジャユン。

女性はドクターパクの姉とのこと。

そしてジャユンは
最後に「私の姉に手を出したら首が飛ぶわよ」

といいその傍らには別の若い女性が立っているのでした。

画面には「転覆編」とクレジットされています。

つまりこの作品には続き、第2部があるということですね。

3部作ではとも言われています。

いやー、実に続きが気になりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする