シークレットガーデン 感想・評価 ストーカーまがい

韓国ドラマ「シークレットガーデン」

ハ・ジウォン、ヒョンビン主演

韓国ドラマ 2011年ー2012年

大会社社長である、キム・ジュウォン(ヒョンビン)とスタントマンで生計を立てる貧しい女性キル・ライム(ハ・ジウォン)の絡みを中心に進んでいくラブ?ストーリー

「シークレットガーデン」感想

「シークレットガーデン」11話くらいまでみました。

韓国ドラマ、ラブストーリーはたいてい恋する主演二人に感情移入して、応援しながら楽しむというのが定番だと思いますが、途中まで見てきてヒロイン、キル・ライム(ハ・ジウォン)にはもともとハ・ジウォンが好きだということもあって全面的に支援しますが、ヒョンビン演じるキム・ジュウォンがほんとクソすぎてまったく賛同できません。

とんでもない「オレ様」性格はもとより、ほぼ犯罪レベルのストーカーぶり、それにレイプまがいのキム・ライムへの抱擁、キスといい最低中の最低としか感じられません。

これからのストーリーで挽回していい男になっていけるのでしょうか???

とりあえずまだ途中の段階なので、結論とはしませんが、このあとドラマを見続けるモチベーションが保てるのか不安です。

とにかくはキム・ジュウォンは発達障害レベルの勝手人間以外には思えません。

「愛の不時着」や、「アルハンブラの思い出」でひたすらカッコいい役のヒョンビンが、今回クソ御曹司で、しかもハ・ジウォンと魂が入れ替わって、オカマみたいな演技をするところとか、コミカルな役柄をこなしています。

男女の入れ替わりってよく物語に使われますが、このドラマでこの設定って必要だったのか疑問だらけですね・・・・^^!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする