空から降る一億の星 あらすじ

広告デザイン会社でブランドデザインを担当しているユ・ジンガン【役:チョン・ソミン】は幼い頃に両親を失い、20歳年の離れたベテラン刑事の兄ユ・ジングク【役:パク・ソンウン】と2人で暮らし。

ある時、親友ペク・スンア【役:ソ・ウンス】の陶芸展に招待されたジンガンだったが、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員キム・ムヨン【役:ソ・イングク】と出会う。

ムヨンは冷たいまなざしをしており発言にも思いやりがなく、ミステリアスでどこか危険な匂いさえ漂わせていた。

そしてスンアは、財閥御曹司の恋人チャン・ウサン【役:ト・サンウ】によって有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示したりすると、これを怒りウサンを責める。

この会話を聞いたムヨンは、陶芸品を破壊しスンアを助けると・・・。
Source: youtube韓国まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする